歯槽膿漏と全身管理

歯槽膿漏は、世界中でもっとも多くの人がかかっている病気で、日本でも成人の8割は歯槽膿漏といわれます。

この病気のやっかないところは、ほとんど自覚症状なしに病状が進み、気が付いた時には抜歯しなくてはいけないほどにまで悪くなっている場合があることです。

さらに悪いことには、歯槽膿漏はお口の中の状態にとどまらず、全身の健康状態にまで深い影響力を持っていることが分かってきています。

なぜ歯槽膿漏が全身の健康に関係するのか?

歯と歯茎の間にある歯周ポケットは、健康な人の歯では、ごく浅いものです。しかし、歯槽膿漏になると、ポケットが深くなり、ここに細菌が入り込んで繁殖しやすくなります。

もちろん、歯磨きをきちんとしていれば、細菌が繁殖することもありません。しかし、歯磨きが不十分だと、細菌がたまりはじめ、歯周ポケットがさらに深くなります。すると、細菌から出る毒素や炎症反応で歯を支えている組織が破壊されやがて歯が抜けてしまうのです。

また、歯周ポケット内に入り込んだ細菌や、細菌の出す毒素、酵素、また炎症が起きることで出される物質が、血管やリンパ管を通って全身の循環系に行きわたり、動脈硬化や心臓系疾患、さらには脳梗塞にまで関連し、妊娠時には早産にまで影響を及ぼすことが分かっています。

また、全身の健康状態も歯槽膿漏に影響を与えています。歯槽膿漏を進行させるものとして、糖尿病、喫煙、肥満、骨粗鬆症が挙げられます。