歯槽膿漏と全身の健康状態の関係

歯槽膿漏が全身の健康状態に影響を与えていることは、前述の通りです。

それでは、例えばどのような疾病に、どのような影響を及ぼしているのでしょうか?

個別の症状ごとに見てまいりましょう。

歯槽膿漏と心臓病

歯槽膿漏患者は健康な人に比べて心臓病にかかる危険度が2倍程度高いとされています。

さらに、歯周病菌が心臓の管を詰まらせたり、細胞を傷つけたりすることから、心臓病や心臓発作と歯槽膿漏には密接な関係があることが分かってきています。

歯槽膿漏と糖尿病

糖尿病にかかっている人は、歯槽膿漏もひどくなりやすいということは、昔からよく言われていることです。

糖尿病にかかると、血糖値があがり、血管がもろくなります。そのため、免疫力が落ちて炎症がおきやすくなったり、血流が悪くなって傷の治りが悪くなってしまいます。

また、もし、糖尿病の患者さんが、お口のケアを怠った場合、簡単に歯肉炎をおこし、仮にそれを放置した場合には重度の歯槽膿漏になる場合もあります。

歯槽膿漏と肺炎

高齢者(65歳以上)の死亡原因の第1位は「肺炎」ということをご存知でしょうか。

中でも誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)という肺炎は、お口の中の細菌が誤って肺の中に落ちてしまい、炎症をおこすものをいいます。

誤嚥性肺炎の患者の肺から歯周病原因菌が多く見つかっていることから、歯槽膿漏と肺炎には密接な関連性があることが分かってきています。

 

歯槽膿漏と骨粗しょう症

骨粗しょう症の人が、歯槽膿漏になっている場合、歯槽骨(歯を支える骨)が健康な人に比べてはるかに少なくなってしまい、歯槽膿漏がさらにひどくなってしまう傾向があります。

また、歯槽膿漏によって歯を失ってしまうと、噛む力が弱まり、バランスのとれた食事が摂りにくくなり、全身の骨密度が低下する場合もあります。

歯槽膿漏と早産

妊婦が歯槽膿漏である場合、早産になる可能性が高いことが報告されています。

米国ではすでに多くの関連性についての報告があり、早産の母親の歯肉では、普通分娩の母親と比べて歯槽膿漏が重度である割合が大きいことが分かっています。

歯槽膿漏とバージャー病などの血管疾患

バージャー病とは、手足の血管に閉塞と炎症(血管炎)が起きる病気で、皮膚に痛みや潰瘍が起こります。

最近、バージャー病患者のお口の中と患部の血管を調べた研究結果が発表されました。その結果、すべてのバージャー病患者は歯槽膿漏を患っており、その程度はいずれも中度から重度の症状であることが分かりました。

歯槽膿漏と喫煙

最近の研究で、喫煙する人は、しない人に比べて歯槽膿漏にかかりやすく、進行も早くなり、また、治療しても治りにくいという結果が明らかになってきました。

タバコが歯周組織に悪い影響を及ぼしている、そのメカニズムもはっきりしてきました。