歯槽膿漏と早産の関係

妊娠中、歯が悪くなる人が多いということは実際広く聞かれることです。

とはいっても、歯槽膿漏が出産に悪影響を与えるなどとはにわかに信じ難い話かもしれません。

しかしながら90年代以降、各国の研究で、歯槽膿漏の原因である歯周病菌と胎児の成長について、因果関係が存在することが報告されているのです。

歯槽膿漏と妊娠

出典:NPO法人日本臨床歯周病学会

まずは、妊娠性歯肉炎のお話からします。一般的に、妊娠すると女性ホルモンが増えることで歯肉炎にかかりやすくなるといわれています。なぜ、女性ホルモンが増えると、歯肉炎になりやすくなるのでしょう?

これは女性ホルモン、特にエストロゲンという女性ホルモンが歯周病原細菌の増殖を促し、また、歯肉を形作る細胞がエストロゲンの標的となるためだといわれています。そのほか、プロゲステロンというホルモンは炎症の元であるプロスタグランジンを刺激します。

これらのホルモンは妊娠終期には月経時の10~30倍になるといわれており、特に妊娠中期から後期にかけて妊娠性歯肉炎が起こりやすくなるのです。ただ、プラークのない清潔な口の中では起こらないか、起こっても軽度ですみますので、妊娠中は特に気をつけてお口の清潔を保ちましょう。

歯槽膿漏と低体重児早産

出典:NPO法人日本臨床歯周病学会

歯槽膿漏の全身への関与がわかってきていますが、歯槽膿漏による歯肉の炎症が血流を介して全身に及ぶために起こるとされています。

妊婦と歯槽膿漏についての関係は、それが深刻な場合は、これから生まれる子供の健康にまで及ぶことがあります。

妊娠している女性が歯槽膿漏になっている場合、低体重児および早産になる可能性が高くなることが最近明らかになってきています。

 

少し難しい話になりますが、歯槽膿漏が進行して歯肉の炎症が強くなると、歯周組織組織のプロスタグランジンE2が増えることがわかっています。

実は、このプロスタグランジンE2は陣痛促進剤として使われているものです。

そのために、歯槽膿漏にと低体重児出産の関係性に注目されるようになりました。

米国では多くの関連性についての報告があり、低体重児出産の母親の歯肉では、正常分娩と比べて歯周病の重度の割合が大きく、多量のプロスタグランジンE2が影響を与えているとみられています。

我が国においても、歯周組織の健康状態の悪化が妊娠維持期間を短くし、切迫流産や早産との関連性研究した報告があります。