歯槽膿漏と肺炎の関係

高齢者(65歳以上)の死亡原因の第一をご存知でしょうか?

それは、肺炎です。この肺炎のうち、口の中の細菌が入り込み、肺炎をひき起こすものが、誤嚥性肺炎や嚥下性肺炎と呼ばれるものです。

かなりの頻度で、誤嚥性肺炎を起こした患者の肺から歯周病菌の原因菌が見つかることから、口の中の細菌と誤嚥性肺炎には強い関連性があるとされているのです。

誤嚥性肺炎が起きる理由

年を取ってから、よくむせるという方はいないでしょうか。高齢になると飲み込む力が落ちて、本来食道に入るものが気管支に入ってしまうことがよくあります。

健康な人なら詰まったものが喉のほうに戻ったり、免疫力で細菌を退治できますが、抵抗力の落ちた病人や寝たきりの人に特に起こりやすく、注意が必要です。

誤嚥性肺炎を予防するには、高齢者に限らず、お口の中を清潔にし、歯周病を予防することが大切です。

誤嚥性肺炎をもたらす歯槽膿漏原因菌

歯周病を引き起こすのはプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊です。プラークに含まれる細菌は500種類以上とも言われていますが、中でも白血球に害を与えたり毒素を出すもので歯周病に関係の深い細菌の名前がわかっています。

  • (A.a菌)アクチノバチルス・アクチノミセテムコミタンス
  • (P.g菌)プロフィロモナス・ジンジバーリス
  • (T.f菌)タンネレラ・フォーサイセンシス
  • (T.d菌)トレポネーマ・デンティコーラ
  • (P.i菌)プレボテラ・インターメディア