歯槽膿漏と心臓病の関係

歯槽膿漏患者は健康な人に比べて心臓病にかかる危険度が2倍程度高いとされています。

さらに、歯槽膿漏菌が心臓の管を詰まらせたり、細胞を傷つけたりすることから、心臓病や心臓発作と歯槽膿漏には密接な関係があることが分かってきています。

歯槽膿漏が心臓病を引き起こす仕組み

右と左にあるように、心臓に栄養を運ぶ冠動脈は、酸素や栄養分を心筋に運ぶ血管で、心臓の周りを王冠のように3本の太い枝状でめぐっています。

歯槽膿漏菌は、この太い血管に血栓を作ったり、血管壁を傷つけたりすることが分かっています。

重度の歯槽膿漏で多く検出される菌にPg菌という菌があります。

Pg菌

このPg菌が持っている酵素は、血小板のかたまりを作りやすくし、血栓を作りやすくします。

また、Pg菌は血管の内側の細胞に入り込んで増殖し、血管の壁を傷つけることが明らかになっています。

疾病との因果関係を証明するかのように、動脈硬化や大動脈瘤にかかった細胞からは、多くのPg菌が見つかっています。

歯槽膿漏が心臓を死なせる

近年、米国では、こんな考え方が存在感を増しつつあります。

『 Periodontal diseases kill heart 』

(歯周病が心臓を死なせる)

この考え方は医療分野だけでなく、一般的にも広がってきています。

心臓病と歯槽膿漏の関係があまりにも密接なことから、米国の心臓外科医の中には、心臓手術の際に患者の口の中を見て、もし重度な歯槽膿漏を発見した場合は、手術を見送る場合があります。

歯槽膿漏と心内膜症炎

心臓内部の壁や弁の部分に細菌が感染しておこるのが感染性心内膜炎です。これが、急性であった場合、数日のうちに生命の危険にさらされます。

また、これが急性ではない場合、数週間から数か月かけて意識のないままゆっくりと発症します。

歯槽膿漏と感染性心内膜炎の関係としては、病因として口の中の「連鎖球菌」があげられており、実際患者の血液中から検出されることが多いことが分かっています。

感染性心内膜炎は、歯槽膿漏菌によって引き起こされる場合もあります。